展示「世界の発酵食をフィールドワークする」  Exhibition

第1部 主食としての発酵食

1章.酸っぱさに憑かれた人びとエチオピアのパン類をめぐって
2章.酒を食事とする暮らし ネパールとエチオピアの人びと

Chapter 1. People addicted to sourness: Breads in Ethiopia*

Chapter 2. Sustaining life with liquor as a meal: Peoples of Nepal and Ethiopia*

第2部 副食としての発酵食

3章. 遊牧民の発酵乳加工とその利用
4章.魚類の発酵食をめぐる民族の接触と受容 ―カンボジア周縁地域を事例に

Chapter 3. Fermented milk processing and its use by pastoralists

Chapter 4. Inter-ethnic contact and acceptance of fermented fish foods: A case study on the peripheral region of Cambodia

第3部 調味料としての発酵食

5章.近代化・グローバル化による味の変容 タイの調味料文化
6章.ラオスの味、パデークの科学
7章.納豆はおかずか、調味料か?日本と東南アジアの納豆の地域間比較

Chapter 5. Tastes changing through modernization and globalization: Seasoning culture in Thailand*

Chapter 6. The science of padaek, a taste of Laos

Chapter 7. Is natto a side-dish or a seasoning? A Cross-regional comparison of Natto in Japan and Southeast Asia